歯医者に行ってどういう事がわかるか

普段からあまり歯医者に行かないという人の中には虫歯でもないのに歯医者に行くのはどうしてだと思う人もいるかと思います。確かに歯医者に行くのは虫歯になっているからというのがあります。ですが虫歯になっていなくても歯医者に行った方が良いというのがあります。なぜなら虫歯になっていなくても歯医者に行く事で歯の検査を受けて実は親知らずが歯茎の中にあるという事が分かるという事もあるからです。実際に私は虫歯になって歯医者に行って歯の検査を受けて実は親知らずがあったという事が分かって親知らずを抜く事になりました。その時はしっかり歯の検査を受けたから分かった事でしたが普通に歯の治療だけで歯医者に行っていたら歯の検査を受ける事もないのであまり歯医者に行かないという方はもっと日頃から歯医者に行って歯の検診を受けるのが良いです。そうすれば検査を受けて実際の歯の状態が分かるようになるので歯医者には歯の健康のために行く癖を付けた方が良いです。

歯医者を続けるのは簡単ではない

物分りの良い患者さんばかりであれば歯医者もやりやすいですけど、実際はそうではなかったりします。クレーマーみたいな人もいますから、そういう人達の相手をしなくてはいけません。最悪の場合は裁判に発展してしまうので、この辺りの対応は慎重にならざるを得ないでしょう。その人たちが特別沢山のお金を支払ってくれているのならまだマシですけど、実際はそうではありません。ただ単に疲れる相手ですので、どうしても嫌になってしまいます。うるさいだけでも大変ですけど、それに加えて口臭の方も酷かったりするので、泣きっ面に蜂になってしまいます。この苦しい状態から逃れたいのなら、歯医者という仕事そのものを辞めざるを得ないでしょう。しかし、既に先行投資してしまっているので、それを回収しなくては辞めることができません。借金を背負ったまま別の仕事に転職するというのは大変です。しばらくの間は我慢の時が続くことになるでしょう。仕方がない事として諦めざるを得ません。

業態の変更が求められる歯医者

かつての歯医者は子供たちが主な患者さんでした。子供というのは甘いものが好きですし、歯磨きも面倒くさがってしないですから、どうしても虫歯になりやすいです。しかし、この頃は親が大変気を使っているという事もあってか、虫歯になる子供たちの数は年々減少傾向になっています。そうなると困るのは歯医者さんサイドでしょう。小児歯科を止めて、大人向けの歯医者に業態を変化させたというケースが非常に多くなってきています。ただ単にそういった方向に変えるのではなくて、もっと面白いサービスを提供してみても良いでしょう。マッサージをしてもらえるとか、温泉が楽しめるとか、そういった方向でお客さんに来てもらう様に努力をするという感じです。歯科が単独で存在しているのではなくて、他の業態と一緒になってやっていくという事が今後は多くなってきそうです。歯医者さんに行くというよりは、それ以外の用事のついでに立ち寄るという利用の仕方が多くなるのかも知れません。稲城 歯科