業態の変更が求められる歯医者

かつての歯医者は子供たちが主な患者さんでした。子供というのは甘いものが好きですし、歯磨きも面倒くさがってしないですから、どうしても虫歯になりやすいです。しかし、この頃は親が大変気を使っているという事もあってか、虫歯になる子供たちの数は年々減少傾向になっています。そうなると困るのは歯医者さんサイドでしょう。小児歯科を止めて、大人向けの歯医者に業態を変化させたというケースが非常に多くなってきています。ただ単にそういった方向に変えるのではなくて、もっと面白いサービスを提供してみても良いでしょう。マッサージをしてもらえるとか、温泉が楽しめるとか、そういった方向でお客さんに来てもらう様に努力をするという感じです。歯科が単独で存在しているのではなくて、他の業態と一緒になってやっていくという事が今後は多くなってきそうです。歯医者さんに行くというよりは、それ以外の用事のついでに立ち寄るという利用の仕方が多くなるのかも知れません。稲城 歯科

Please donate some money for this author's hard work